見直される和の挙式

ダイヤ

和婚は古くからある神社での結婚式のためイメージ的には敷居が高く料金も結婚式場やチャペルを使うよりかなり高くなりそうな感じがありますが、実際は特に決まった煩いしきたりがあったりするわけでもなく普通に結婚式場やチャペルでの挙式と同じように和婚も自分達らしさを出した演出ができるのです。 また、ウェディングドレスでの挙式が多い中、和服での挙式は印象に残り昔ながらの挙式は今の時代であるからこそ、なおのこと参列者には新鮮に映るようです。 それに、和婚では参列者の数に限りがあり20名から40名が一般的で親族のみであったり、それにかなり親しい友人のみが加わる感じとなるので大切な家族の絆を改めて感じることができるでしょう。

地震や雨や風による自然災害が多いこの頃、自分が育った場所や自分が住んでいた場所へ戻って日本人ならではの文化や考え方を大切にしようという思いからふるさとでの挙式が増えています。 そのため、日本人であれば誰でも似合う和服も見直され、ウェディングドレスであれば年齢が上がると白は肌のくすみが気になるとか、肌の色へのうつり方でドレスの色が限られてくることを考えると和婚であれば、年齢による肌の色や似合う色などは関係なく気に入ったものを着ることができるというところが嬉しいです。 また、最近は打掛にヘアースタイルは洋風に仕上げるというスタイルも人気で和婚だからこうしなければならないという規定は全くないので、思い思いの演出をすることで思い出深い挙式をすることができます。